「AtRhythm02」02.~ユメミルカナタ~

作詞作曲:あとりむ(みゅ~ずP)

作曲開始:2010年9月 完成:2010年10月

楽曲紹介

スラップベースを使ったかっこいいアニソンポップ
というものが作りたくて 作ってみたらこうなった
そして 初のフェードアウトで終わるという試み
間奏は手抜きで申し訳ない(汗
でも 間奏だから・・・ね?ね?
そしてCメロ後のドラムソロ・・・!後悔はしてない。

試聴する

歌詞

闇夜にとける星一筋の光
現在(いま)時を超え小さな
はかなすぎる世界(げんじつ)

時間(とき)の可逆性を無視し続け
空間的な誤差だけ頼った
その結果がこの有様(ありさま)
時計の針が仮に進んでも
変わる気配のないこのシグナル
常にゼロを指し示して

気配さえ見えぬ
蟲との格闘はもう終わりなの
すぐに消えてしまいなさい
だけど
邪悪な念が取り巻くこの空の色でさえ
よどみなく透き通るもの光るの

そう
小さなこの世界捕まえたなら
ミラクルタイムなドリーム
追い続けるのもいいかも
紫色のこの空の下で
今できること探して
明日(あす)につなげていこう

絶望の大地を今感じて
不確かな空を時に見つめて
ふとめまいがする重圧
戦争と荒廃とが重なり
嘆き叫びも忘却の彼方
今両手に涙受けて

人は
いざというときに何も
できない動物だから
時空がこんなに歪む
さてと
青い空白い雲を
取り戻したかったなら
反省に打ちひしがれることね

自業自得の海自暴自棄の山
これ乗り越えて初めて
希望の光掴めるか
運命の星は希望砕かれ
飛び立つ勇気ふるって
今旅立て未来へ

希望捨てていいことはない
絶望に未来はないの
運命とか信じなくても
めぐりながらめぐる、世界…

思い切り飛び出して
希望掴もう
堅苦しいことはない
ただ少し苦しいだけね
未来の扉少し開けたとき
君を包み込む光
永久(とわ)に光り輝け